So-net無料ブログ作成
不動産 ブログトップ
スポンサードリンク



不動産投資するなら!区分所有?それとも一棟物件 [不動産]

こんばんわ!Mチャンネルです。 

 今日は簡単に不動産投資するなら、区分所有?それとも一棟物件のどちらが良いのか?という

質問が多いので、簡単にご説明したいと思います。

不動産投資を始めるとワンルームマンションや分譲マンションを購入して、賃貸に出す方法や、木造アパートやRCマンション1棟を購入する方法がある。

■区分所有 

価格的にも、200万~1000万程度の投資で不動産が購入できる区分マンションもあり、投資初心者には手軽で練習の感覚でスタートできるかと思います。首都圏や地方の都心部の立地の良い物件であれば、安定した収益が生み出せます。人気のエリア・立地であれば、賃料のインカムゲインに対して、数年後にキャピタルゲインを得て売却することのできます。

区分所有の注意点は修繕費と空室リスクがあります。

200万程のワンルームを購入して月額2万のキャッシュフローで年間24万の実収益。 

しかし、 その間に給湯器や水回り等の修善がでると、一気に年間のキャッシュフローが吹き飛びます。 

そして、区分所有は1部屋だけなので、空室リスクがあります。 6部屋1棟アパートなら仮に1部屋空室になっても、残りの5部屋でリスクをカバーできます。その間に新たな賃借人を見つければ良いのです。

しかし、区分所有はそんな訳にはいきません。半年空室ならまるっと赤字のキャッシュフローになってしまいます。

 また、築年数の経過したマンションであれば、管理費修繕費が 高くなり、収益を圧迫することも予測されます。

不動産投資といっても、 大家業として経営していることに変わりはないので、いかに月々安定した収益を発生させて、空室や修繕のリスクヘッジをすることが大切になります。

 とはいっても、いきなり1棟物件を購入するだけの、自己資金力と銀行からの融資が引っ張れない!というのもわかります。※区分所有は銀行の担保評価が低くなる傾向があるからです。

それぞれ、不動産投資での目標があり、購入物件も変わってくるかと思いますが、月々50万以上のキャッシュフローを発生させるには、区分所有だけでは、ロスが多く現実的ではありません。

ただし、おこずかい程度の収入があれば良し!という方には1ルームや1LDKの区分マンションでも十分かと思います。

個人的には、しっかり自己資金を貯めて、築年数は経過していても1棟物件のアパートやマンションを購入する方が、スケールメリット(規模)が効くので、良いかと思っています。

 


不動産 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。