So-net無料ブログ作成
- | 2015年04月 |2015年05月 ブログトップ
前の10件 | -
スポンサードリンク



マンションの鍵を紛失! [住宅]

おはようございます。Mチャンネルです。

 昨日、久しぶりに大学の先輩からの誘いで食事にいくことになった!

 勤務先から帰る途中、名古屋の大須観音駅で先輩を拾い、Mチャンネルの家に車を駐車して、食事場所を探すことに。

2月に購入した新築マンションを見た先輩が、ビビリながら、一度中を拝見したいと言ってきた。

 いいよ!と自慢げに自動ドアの前に立つと。。。。 ピクリともしない。。。  あれ。。。

鍵を持っていればセンサーが反応する自動ドアなのだが、、おかしい。。 こんなときに限って。。。

かっこよく家い入る予定が、かなりダサいぞ! 

 今朝は彼女が家にいたので、自分で鍵をしめないから、家に忘れてしまっていたのである!!!

 がーン!!

 

もちろん、家にはだれもいない!!

結局、夜中に彼女の勤務先の病院まで車で行って、鍵をもらって家に入ることができた。。

 しかし、これで、だれにも鍵を渡していなかったら、どうやって入るのか、、 対策が必要だと改めて感じたできごとである。

どこかに、キーボックスを隠すか。 車に鍵を入れておくか。。 

 マンションだから物置とかも無いし、隠す場所も想像がつかない。。

 

みなさんは、鍵紛失のときの対策はどうとっているのでしょうか?

良いアイデア、あれば、逆にアドバイスください!!

 以上、 Mチャンネルでした。

 

 


スポンサードリンク



中古住宅の売買時の診断が義務化?! [住宅]

こんにちは。☆Mチャンネル☆です。

今日は中古住宅の売買についてのお話をしたいと思う。

 現在の日本の住宅マーケットの8割以上は、新築住宅が占めている。

アメリカや欧州などは、中古住宅のマーケットが3割以上あるらしく、日本に比べて中古住宅のシェアは大きい。 

 今後の、少子高齢化や都市化現象が進む日本では、新築住宅の販売量は減り、中古住宅の売買やリフォーム、リノベー

ションをして有効活用するなど、 中古住宅のマーケットは拡大すると予測されている。

中古物件の売買の足かせになっているのが、いわゆる隠れた欠陥「瑕疵」である。誰しも、中古の車や商品などは、状態

 や不具合等を心配するものである。

そこで、政府がより中古物件の売買を円滑にして、売り手 買い手 の双方を保護する目的で 法案を国会に

提出する。

     →  「住宅診断」 ホームインスペクター    である。 

売買の前に、一級建築士の資格のある診断士が家を診断して、家に欠陥がないか、耐久性は大丈夫か、などを診断し

て 、診断内容を重要事項説明書に添付する (記載する?)ことを義務とする。 という内容だ。

 これにより、買い手も保護されるし、売り主側も正しく評価されれば、より高い査定がつき、売買できる可能性が広がる。

また、買い主からの不当な瑕疵に対する請求にも、売り主側は防衛することができる。

  つまり、 win win の関係になっていると思う。 

今後確実に増える 中古物件の流通に対して、 安心・安全を付加価値とする 不動産販売会社の企業努力が、

売り手 買い手の 信頼を得れるかどうかが、企業の生き残りの ポイントになるのは、間違いない であろう。

 

 

 

 


スポンサードリンク



日本の幸福度は低い!? [雑談]

☆日本の幸福度☆
 
こんにちは。Mチャネルです。今日は日本の幸福度について雑談してみたい。
 
国連が発表した2015年の世界幸福度ランキング に基づいたデータである。
 
こんなデータあるとは、私も知らなかったし、皆さまもそうじゃないだろうか??
 
以下ランキングはこんな感じだ。 
 
1位  スイス 
2位 アイスランド
3位 デンマーク
4位 ノルウェー 
5位 カナダ 
 ・・・・・・ 
 
 
 46位 日本 
 
合計158ヶ国中 
 
 
世界経済大国3位の日本が 46位!?  
 
上位5カ国はほぼ、欧州の中小国であり、決して国際経済力が秀でている国ではない と思う。
 
 ☆理由☆
 
これは4月26日の日経新聞で読んだ情報なのだが、幸福度の要素である「人生の選択肢の多さ」らしい。
 
 
日本社会には不自由さもたくさんあるが、人生の選択肢は 国民全員に平等に与えられていると思う。
 
何か違うのだろうか? 
 
勉強 学歴 就職  競争 経済発展   日本人の当たり前になっている人生のステップはいつしか
 
固定概念として、定着してしまっているのだろうか?
 
         
自分は今幸福かどうか?  正直 幸せとは言えないし、自分がスイスに生まれていれば人生は180度違って
 
いたんだろうなーと思う。
 
 
 それに、自分の幸福度のモノサシもよく考えてみると何だろーと疑問に感じることもある。
 
 家族と過ごす 友達と遊ぶ 飲む はしゃぐ 子供と遊ぶ 上司と語る 仕事で成功する  お金を稼ぐ  etc
 
スイスやアイスランドの方に会う機会があれば、是非質問してみたい  
 
「何か一番幸せですか??」
 
 
 私は 友だちとお酒を飲む  かな  !  
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク



尼崎脱線事故から10年

尼崎JR脱線事故から4月25日、今日で10年となる。

当時22歳で社会人1年目の私が、 出社準備中の朝のニュースでこの事故を知ったのである。

誰もが安心だと思っている、公共交通機関での事故は当時、社会に大きな衝撃を与えた。

しかし、時間の経過とは怖いものだ。この10年間の間には、この事故以外にも様々な災害や事故が起き、いつしか

過去の事故を忘れそうになっている自分がいた。 たぶん、95%くらいの人は忘れていたのではないだろうか・・・

時が経っても多くの犠牲者を出したこの事故を 忘れてはいけない。そんな思いで遺族や負傷者の方が 、 

 事故の後がきれいになくなった現地で24日夜、黙とうを行った。

「2005.4.25 わすれない」 

二度と事故を起こしてはいけない。繰り返してほしくない。

来年の4月25日もこの同じ気持ちで この事故を思いだせたらと思っている。 


スポンサードリンク



日経平均15年ぶり2万円台突入! [経済]

4月22日の株式市場で日経平均株価は大幅に上昇して、終値で2万円を回復した。

主要国の金融緩和 で生まれた潤沢な投資マネーが日本に流れてきているからだ。

日本の失われた15年を取り戻すためのスタート地点なのか?そうであってほしいという希望が国民に溢れている。

 そして、国民の皆が「規制緩和バブル」に終わらないでほしい。そう思っているだろう。

 東証の時価総額は600 兆円強で バブル絶頂の611兆円に迫っている勢いだ。

 しかし、私はこの短期的な加熱が心配でならない。勝手に感じている。

その為には、80年代に起きた、バブル経済と発展、そして崩壊。 この日本の経済の流れを今一度 理解しておく

必要があるのでは?

そこで、次回はバブル経済の引き金となった、「プラザ合意」から勉強していきたいと思います。

それでは、また次回まで  see you ! 


スポンサードリンク



エコカラット ミラーオプション付き

こんばんわ。Mチャンネルです。

 今日は我が家の一部を簡単にご紹介しよう。 

玄関部分なのだが、何か石のようなものが貼り付けられていて、一部鏡が貼られていることがわかると思う。

玄関の印象は、 第一印象。つまり人間関係でいう初対面の部分だと思っている。 

貧乏な私だが、マンションのオプションでどこにお金をかけるか迷ったあげく、玄関部分に資金を投下することにした。

 石のような模様は、リクシルのエコカラットという商品で、割とメジャーでみなさんもよくご存知かと思う。

 玄関ホール部分の壁、約6平米程度にミラーをセットして貼ってみた。 

ちなみに、エコカラットでも人気の グラナスルドラのベージュカラーで優しい印象のアクセントに仕上がっていると、勝手に

思っている。笑 

デザイン性意外に調湿効果や脱臭効果があるらしいが、今のところ実感はまったくないよ。

でもデザイン性は気に入っているので、やって正解だったと自負している。

 

次やるときは、天然石を貼って、よりゴージャスにしてやろうと、勝手に考えている。 

 

 


スポンサードリンク



上棟

昔の木造住宅といえは、大工が1週間もかけて木材を削り、柱や梁を一本一本丁寧に図りながら、削り、構造体となる材料を
 
作っていた。まさに、職人魂の見せ所であり、各個人の技量が試される場面でもあった。

昨今の住宅の上棟といえは、数人と大工さんと大きなクレーン、工場で正確にプレカットされた木材で格段に作業が効率化さ
 
されている。朝8時に始まれば、夕方6時には終わっている。
 
 昔の大工さんからすれば、時代の変化とスピード感に感動するのではないだろうか。
 
今日は一件の上棟現場に立ち会ってきたが、無事に一日で完了した。 
 
お施主様も大満足の様子でマイホーム計画の期待がより具体的になっていた気がする。
 

 
これから、工事は引渡しに向けて加速していくが、完璧な完成を目指したい気持ちで頑張っていきたいと再認識した。
 
職人さん、おつかれさまでした。☆ 

スポンサードリンク



もてなしのこころ

東京オリンピックが決まったときの名言は記憶にあたらしい。滝川クリステルさんの「おもてなし」は鮮明に思い出されるメッセージだ。 

おもてなしとは?何?と考えたことはあるだろうか?

たぶん、人それぞれだと思うが、意識していること、根っこにある思いは、そうズレてはいないと思っている。自分の思うおもてなしとは、「自分そのものであるべき」だと思う。 

自分の考え方や思いが自然に現れること。 変に意識するのではなく、自然にアウトプットすること。

 それががおもてなしになるのだ。

 

じゃ、いったい「おもてなし」とは何であるか?

つまり、 自然と愛すること、感謝すること、敬うこと。 この当たり前の感情が相手を喜ばせて嬉しい気持ちにさせる。  

つまり、感謝や愛のない人は 「おもてなし」も できないのだよ。 わかるかな そこの君?? 


スポンサードリンク



アップルウォッチ 名古屋で見た!

7年か8年ほど前か。アイポットに携帯機能が搭載されたアイフォンが発売された。当時は利用者も少なく、

タッチパネルの携帯など使いづらい、普及しないなど 勝手に思っていたが、今はほぼすべての人がスマートフォンを

使っているし、アイフォンを使っている人もたくさんいる。

7年から8年前にこうなることを予測していたのは、アップル創業者のスティーブジョブスだけなのかもしれない。

 行けつけの美容院に行く途中にアップルショップがありふと立ち寄ってみると、今まで見たことのない時計がヅラリと

整列されてディスプレイされていた。 細かい機能は書ききれないので割愛するが、これは新たな通信革命が起きるのでは

と個人的に感じた。 それがアップルウォッチである。

是非一度体感してみてほしい。

 ちなみに価格は5万~200万とスタッフが言っていた 笑 

 


スポンサードリンク



転職

今日転職が決まった。

よく転職活動をしていると、自分のやりたいことがわからなくなる時がある。。きっと。

そんな時はなぜを繰り返してほしい。

なぜ、転職したいのか?

なぜ、現職がいやなのか?

なぜ、この企業を応募しているのか?

 応募動機は本当にその理由なの? 作っていない?

このように迷った時は、なぜを繰り返してみよう。 

表面の薄い理由じゃなく、本質がつかめるはずだから。

なぜ?  

 

 


前の10件 | -
- |2015年04月 |2015年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。